「採れたて野菜」は、なぜ美味しい?
「おいしい!」=体に良い。
blank 「命」が満ちあふれています。
おいしい!=体に良い私たちの味覚は、本来は「毒」などの生命の危険を避けるために生まれてきたものです。だから基本的には、私たちの生命にとって「悪い」ものは「マズい」、「良い」ものは「おいしい」と感じるようにできています。「腐ったもの」を「マズい!」と感じるのは、そのせいです。

ならば、あの誰もが感じる「採れたて」の美味しさは、「これは体にイイよ!」ということなのではないでしょうか。英語でも「フレッシュ(=新鮮・生)」は、「美味しいよ!」という表現で使われています。つまり「採れたて」を「おいしい!」と感じるのは、人類共通ということです。
・・・では、その「おいしさ」の秘密とは、いったい何なのでしょう?下へ

blank
そんな「命エネルギー」に満ち溢れている「奇跡の液体」がありました。それは(株)酵研の育て上げた「アミノン酵母原液」。

現在世界で発見されている約3000種類の「酵素」。そのほぼ全て(!)を含んでいるという神秘の微生物「酵母」。この「奇跡の液体」のボトルの中には、その約3000種類の酵素をもつ酵母が、その元気な「命」とともに満ちあふれているのです。

酵母 私たち日本人は、1000年以上前から味噌・醤油・酒などで、酵母の「命」を頂いてきました。気の遠くなるほどの長いお付き合いをしている「命」であり「食物」、それが「酵母」なのです。下へ

blank
「命エネルギー」の味!
命をいただいて、命を育む。
採れたて野菜とそうじゃない野菜、その違いはたった1つ。
「まさに元気に生きている」か、それだけです。

「採れたて」の美味しさは、「命そのもの」のエネルギーの味、なのではないでしょうか。だって私たちは、生きているのですから。

「命のエネルギー」は科学的には証明されていませんが、「なぜ生命は生きているのか?」ということもまた科学的には証明できません。物質と生物を分けるモノ、それこそが「命エネルギー」なのではないでしょうか?右上へ
アミノン酵母原液を飲んだとき、「ああ、なんて美味しいんだろう!」という、あの「採れたて野菜を食べた感覚」が私たちの中に沸き起こります。これこそ、酵母の「命エネルギー」に私たちのカラダが反応している証ではないでしょうか。

ほんの100年ほど前までは、「食べる」とは「命をいただくこと」でした。そんな当たり前のことを忘れてしまったことこそが、私たちが「本当の元気」を失ってしまった原因なのではないでしょうか?
アミノン酵母のイキイキとした「命のエネルギー」をいただけば、わたしたちにも、きっと元気があふれ出すはずです!
!!
blank
酵素
酵母が生きている! 酵母が生きている!「アミノン酵母原液」
(株)酵研から直接送られてくる「アミノン酵母原液」のボトルを開封すると、「シュパーッ!!!」という大きな音を立て、酵母が発酵するときに生産した炭酸が吹き出します。
「アミノン酵母原液」ボトルの中では、酵母がまさにブツブツという音を立てながら元気に生きているのです。

「元気な命」を食べて欲しいから・・・滅菌しない!
シャクナゲやアケビなどから採取した、厳選された「野生の酵母」を使い、さらに新鮮なフルーツと野菜で製造・培養したのがこの「アミノン酵母原液」。一般的に市販されている「酵素ジュース」などは、「清涼飲料水」として販売するため、安全衛生管理上の問題から、「滅菌処理」と「密栓」などの定められた製法によってつくられています。
(乳酸菌のみ特別で、滅菌処理をしないでも「乳酸菌飲料」として市販が可能なのだそうです。)
というのも、「菌」というのは、「生きている」ため管理が難しく、一般に「ジュース」として市販するためには、どうしても「滅菌」つまり「菌を殺してしまう」ということをしなければなりません。
しかし、(株)酵研では、「生きた酵母菌を摂っていただきたい!」という強い想いから、あえてこの「タブー」に挑戦し続けてきたのです。そうして出来上がったのが、この「液体状の酵母食品」=「アミノン酵母原液」です。

アミノン酵母原液 「アミノン酵母原液」は、「食中毒」なども可能性としては考えられる「生モノ」、つまり生鮮食品です。しかし(株)酵研では、きびしい品質管理のもと、販売開始より60年近くたちますが、、そのようなトラブルを一件も起こすこと無く「アミノン酵母原液」を提供し続けてきました。通常は、そういう「食中毒も可能性としてはあり得る」という事情から、一般販売せずに、(�)酵研の「会員のみ」に限定販売されてきた「アミノン酵母原液」。しかし、当社フリーダムボディの社長キマの、「元気のために、ゼッタイに命を食べてもらいたい!」という熱い想いを理解していただき、「『清涼飲料水』との違いについて説明する」という条件のもと、取り扱いをさせていただくことになったのです。

ぜひ、この「奇跡の液体食品」を、お試しください。
酵素
「元気の秘密」は、「命のエネルギー」だけではありません。
「酵素」の「母」だから・・・酵母。
私たちの体の中では、絶えず化学反応が起こっています。そして、さまざまな物質の流れは、大都市の交通網のように、複雑に入り組んでいます。

その交通網の要所要所に立ち、「交通整理」を行うのが「酵素」のお仕事です。私たちの健康には、無数の良質な「酵素」が不可欠です。

現在確認されている約3000種の酵素。そのほとんどの酵素を持ち、育んでいるという「酵母」は、まさしく『酵素』の『母』、生命を育む母なのです。
「酵素」の「母」だから・・・酵母
酵素はなぜ必要?
では、「酵素」とは何なのでしょうか?

酵素の正体は「触媒」です。そして「触媒 」とは、「それ自体は変化せず、他の物質の化学変化を促進したり抑制したりする物質」のこと。つまり酵素は「化学反応の交通整理」をする存在です。

「生きる」ということは「大変に複雑な化学反応がある」ということ。酵素がいるからこそ、私たちは生きていられるのです。

そんな「生きる」ことに欠かせない酵素は、タンパク質でできており、そのタンパク質は生物の体の内から生み出されます。つまり、「酵素が『命』をつくり、そして『命』が酵素を作っている」という、とても不思議なサイクルがあるんですね。
酵素が不足すると・・・
酵素は、私たちの体の細胞にある「工場」でつくられています。しかし、その「工場」の生産能力には残念ながら「限界」があり、それが時には大きな問題になってくるのです。

たとえば、「食物酵素」が不足した時。私たちの体内の「酵素工場」では、「消化酵素」をいつもよりたくさん生産しなければいけません。しかしその分、「代謝酵素」の生産は減ってしまいます。「代謝酵素」が不足すれば、体にはトラブルが生じ、病気になったり、治りにくくなったりします。「代謝酵素」の中には、病気を防いだり治したりする仕組みに関係する酵素があるからです。

もし十分な酵素を、可能なかぎり「外」から補充してあげられるなら・・・私たちの「工場」は、「元気に生きる」ためにに十分な酵素を、安定的に供給することができるのです。
おいしくてシンプル、だから続けられる。
本当の健康づくりに大事なのは、「続ける」こと。アミノン酵母製品は、すべてがシンプル、そしておいしい、使いやすい、ということにこだわり、みなさんの「続ける」を応援します。
酵素
酵母菌の・・・「食効」
「酵母菌」については、古くから、また科学的、または経験的に以下のようなことが言われています。
■ 酵母菌は、ミソ・醤油・酒等の製造に必要で、古くから日本人の食生活に欠かすことのできない有用な微生物。

■ 酵母菌が生きている食品では、酵素の活性が変わらないため、分解酵素の作用で代謝を助けます。

■ 酵母菌は、ぜんどう運動のはげしい小腸にとどまり、病原体からカラダを守るという免疫活性化作用があります。また、自己治癒力を高めてくれると言われています。
酵母発酵食品
■ 酵母菌には、便秘解消などの腸機能の正常化。さらにポリフェノール類がもたらす抗酸化作用による生活習慣病の予防も期待できると言われています。

■ 酵素が細胞をつくるという観点から、火傷の応急処置に使うとケロイドが残らず、切り傷等もきれいに治ると言われています。

■ 体内で作られる酵素、即ちボディエンザイムが不足がちの方に最適。

酵素
酵素
私たち人類は、ほんのつい数十年前までは、「アミノン酵母原液」のような「生」の発酵食品を食べてきました。
とくに日本人は、世界でもっとも発酵食品とつきあってきた人たち、といえるでしょう。

お味噌、お酒、ワイン、ビール 、お醤油、みりん、お酢、チーズ、かつおぶし、パン・・・など。
それこそ、人類にとっても何千年〜何万年ともいえる、お付き合いです。
人類は、その歴史のほとんどの間、「生きた酵母」を食べて生きてきた、といっても間違いではないでしょう。

しかし現代では、そのほとんどが「滅菌」、またはアルコールの注入により発酵を止められて販売されています。
本当に正しかった?人類の歴史からみれば、それこそが「変」なことではないでしょうか?
「滅菌」によって、私たちは何千〜何万年もの間、私たち人類が元気に生きる栄養として摂取し続けてきた大事なものを、失ってしまったのではないでしょうか?

「滅菌」の理由は、「衛生管理」とはいっていますが、ようするに「大量に市販できるようにするため」です。
「生」では、「品質」が安定せず、また保存管理が難しいからです。
でも、それが「生きている」ことではないでしょうか?
「滅菌=難しいなら殺してしまえ。」というのは、本当に正しい選択なのでしょうか・・・?

「難しいなら殺してしまえ。」という考えは、あまり発酵食品が生活に入り込んでいなかった欧米的な考えとかんがられます。
発酵食品と長らく付き合ってきた日本のような文化圏では、「発酵を手なずける方法」は古くから確立し、ずっとそれで生活してきたのです。
それが、欧米の「基準」によって、「生きているものは不潔」とされてしまったのは、「政治的な理由」でしかありません。
発酵についてあまり文化を持たない国々の基準が、押し付けられているのです。

実際、酵素の研究は、10年前ころから一般的にも注目されてきましたが、「新発見」「注目」される酵素や酵母は、もともとアジアの文化圏で、生活のなかで活用され、食されていた「当たり前」のものが多いのです。
今、「酵母先進国」である日本の食品が世界的に注目されているのは、そういった理由があります。
でも、当のその日本で、「生」の酵母が生きている食品がもうほとんどない、というのは、なんとも寂しい現実と言うしかありません。

アミノン。まさに奇跡の商品・・・(株)酵研が、「生きている酵母」製品を60年近くも販売し続けてきてくれたことは、まさに奇跡としか言いようがないと思います。
日本の良心、といえるのかもしれません。
「栄養は、化学的な成分である。」と信じられてきた、幼い栄養学が支配していたほんの数年前までは、きっと辛いときもあったのではないかと思います。

心と体の元気と幸せを追求してきた私キマは、これから間違いなく、「酵素」そして「生きている酵母」の価値がドンドン証明されることを確信しています。
ぜひ、(株)酵研の製造する「アミノン酵母原液」を、お試しください。
酵素
商品ラインナップ
[並び順を変更] ・おすすめ順 ・価格順 ・新着順

3,168円(内税)

アミノンをお子様、そして外出先でカンタンに。

5,614円(内税)

当店イチオシのアミノン。まずはコレでお試しを!!!

6,820円(内税)

おウチでの「酵母補給」に。

9,388円(内税)

アミノンに慣れてきたらコレがオススメ☆

12,862円(内税)

家族で食べるお得サイズ☆

17,480円(内税)

アミノン最高☆!と分かったらコレ。

銀行振込
弊社の楽天銀行の口座までお振込みいただきます。振込手数料はお客様のご負担となります。【前払い】となります。
クレジットカード決済
クレジットカード決済
クレジットカードによる決済方法です。【前払い】となります。
コンビニ決済
コンビニ決済
上記コンビニでお支払いができます。【前払い】となります。
ネット銀行決済
ネット銀行決済
上記ネット銀行で直接お支払いができます。【前払い】となります。
代引き(現金)
佐川急便による「現金」での代引き決済。商品受け取り後の【後払い】
(※「メーカー直送品」が含まれる場合はご利用できません。)
【後払い.com】払い
【後払い.com】を利用する決済。ゆうびん、銀行振込、コンビニ支払いがご利用いただけます。【後払い】となります。
なお、商品がすべて到着後、1週間以内に必ずお支払いください。支払いが遅延すると【後払い.com】より督促が参ります。あらかじめご了承ください。
※ 返金保証の都合からVALKEEのご注文にはご利用できません。
配送方法について
宅急便
当店での在庫品は、佐川急便によって配送いたします。お買い上げ合計10000円以上で【送料無料】。※ セール品はゆうパックにて配送いたします。
メーカー直送
鮮度保持のため、一部の商品はメーカーより直送されます。お買い上げ合計10000円以上で【送料無料】。
お医者さんもゼッタイ知らない!世界の健康最前線ニュース110番
メールアドレス:
(例)nihon@example.co.jp

ショップ紹介
フリーダムボディの社長キマと仲間たち
フリーダムボディ運営会社の株式会社わんワールド代表のキマこと木全です。フリーダムボディへようこす! 当店のより詳しい説明は>>>コチラからどうぞ。
種類別で探す
目的別で探す
ショッピングカートを見る
おすすめ商品
売れ筋商品
商品検索
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
FAXでのご注文はコチラから
パワーアップコンシェルジュサービスはコチラ
フリーページ
rss atom
フリーダムボディ TOPページ 電話・FAX等でのご注文の方法 お支払い方法